zun♪

公益財団法人日本手芸協会 手あみ師範のzun♪です。
本格的に編み物に取り組む前は県立高校で家庭科の教員をしていました。2人の小学生のママです。

一念発起して、
広島県 東広島市 西条中央で編み物教室を始めました。

子育て後、定年後じっくり趣味に取り組んでみたい方
子育て中のお母さん
これからお母さんになられる方

初心者、経験者どちらも大歓迎です。

どんな方の編んでみたいにも応えたいです。

お問い合わせは
knittingaz@gmail.com


記事一覧(28)

被災された方、無料で編み物カフェにご招待します!

まずは、この度の西日本集中豪雨で被害に遭われました皆様にお見舞い申しあげます。犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申しあげます。現在、復旧に向けての活動が行われておりますが、1日も早く被災地に平穏な暮らしが戻りますことをお祈り致します。あまり報道されておりませんが、東広島は、JR山陽本線、山陽新幹線、山陽道(高速)や国道2号線をはじめ東西南北に伸びる隣接市町村との生活道路が悉く分断され、一時、孤立状態になりました。物流は滞り、8日(日)、市内のスーパーは空っぽに。ガソリンスタンドには大行列が出来ていました。本日、山陽道(高速)が全面開通しました。被災した金曜日から一週間とちょっと、多くの方のご尽力のお陰です。本当にありがとうございます!一方、JR山陽本線の被災区間の開通は見通しが立っていません。我が家も娘が毎日新幹線で通学です。まだまだ本来の暮らしを取り戻すには程遠い状況です。今朝やっと東広島市に出ていた避難指示が全て解除になりました。ため池が氾濫せずによかったとホッと胸を撫で下ろしました。市内、土砂崩れの痕跡は生々しく、中国山地の山々が緑の山肌から赤い涙を無数に流したかのようです。こんな状況下で、何も出来ない自分がもどかしく、今週お稽古に来られなかった生徒さん達のことが気にかかり、至る所で崩れた道路に心を痛め、気分転換に出かけたスーパーの空っぽの棚に何とも言えない虚無感を感じていました。普段、必要な分を必要なだけ食す習慣の私は食材の備蓄をほとんど持ち合わせておらず、我が家にはあるストックといえば、大量の糸と編み針でして、、、。本当に全く災害に役に立たない女であることを痛感しました。こんな私でも何か出来ることはないか??ない頭で一生懸命考えて、私に出来ることを探しました。現在、東広島市市民文化センター会議室で行なっている編み物カフェ☕️ですが、被災された方は参加費無料でご招待します。期間は半年間、12月15日開催分までとせてください。道具や糸も私のもので良ければお貸しします。被災された方にほんのひと時、編み物に熱中して、つかの間心配ごとを手放して欲しいと考えています。また、美味しいお菓子やコーヒー☕️を頂きながら、楽しく談笑する時間を持ってもらいたいと心から思っています。手配の都合がありますので、出来れば前日17時までに参加のご連絡を下さい。この度、難を逃れた方、一緒にこの企画を助けていただけると嬉しいです♡

子ども編み物教室

こんにちは、東広島市 編み物教室 knitting azです。今朝の西条は雪景色でしたね。習いたいと11月から小学生のかわいい子が来てくれるようになりました。一緒に学ぶお友達を募集しようと思います。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(募集要項)子ども編み物教室    編物を中心とした小学生向けの手芸教室です。数ヶ月に1回、洋裁やクラフト分野の作品づくりも取り入れ、多様なものづくりを通して手芸の基礎を教えます。 色彩力、デザイン力、考える力など「ものづくり」に欠かせない感性を育むことを目的としています。対象 小学校2年生以上開講日 月1回(第2木曜日) 午後4時~5時 場所 講師自宅 東広島市西条中央授業料 月1000円            初回12ヶ月一括納入12000円材料費 基本的に私の糸を使います。特別な副資材(ファスナーやボタン、もち手など)が必要な時は実費を集金いたします。 (数百円程度)講師 日本手芸普及協会 手編み師範問い合わせ knittingaz@gmail.comーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー編み物のスタートは「かぎ針編み」から。くさり編みや、こま編みのアクリルタワシ、ヘアアクセサリー、マフラーなど、日常生活で使うものを、技法を覚えながら制作します。レッスンは月一回です。お休みされた場合の月謝の返金はいたしかねますので、ご了承ください。 送迎は、保護者のほうでよろしくお願いいたします。手芸道具は、お貸しします。自分の針が欲しくなったらご相談ください。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。発足から一年。knitting azは編み物を楽しみたい方々と多くのご縁をいただき、成長を続けております。  今の時代だからこそ、手仕事の温かさを伝えることが使命だと思っております。技術は、伝承しなければ、衰退の一途です。最近の編み物の本は袖ぐりの減目もなく、ゴム編みだろうが一般的な作り目で記載されていることが増えてきました。ある種の危惧を覚えます。50年後の編み物大好きな方のために今、踏ん張らなくてはと思っています。長引くデフレで「何でも安く買い叩く事が善である」という風潮にも疑問を感じます。その代償に文化を手放しているのです。そのことになんとなく気がつき、心が乾き、文化的に生きたいと希求する気持ちがまだ残っている事が救いであると開業して感じています。日本には資源がありません。人こそが資源で、その人の心に栄養を与えるのが文化です。今年も多くの新規プロジェクトを企画しております。私たちの夢は、皆さんの協力があればこそ実現するものと信じております。まずは目の前の課題にひとつひとつ着実に取り組んでいきましょう。どうか皆さん、今年もよろしくお願いします。新しい年が更に良い年になるよう祈念致しまして、私の新年の挨拶とさせていただきます。2018年 1月 knitting az 東 淳子